ブラザー業務用刺しゅうミシンPRのメンテナンスとおすすめの道具

刺繍工房エテ

刺しゅうミシンを使用するにあたり、気を付けていただきたいことをまとめてみました!

アイディア次第で、素晴らしい作品を産み出す刺しゅうミシンです。

どうぞ末永く、大切にお使いください♪

目次(クリックで移動します)

刺しゅうミシンのメンテナンス

日常のメンテナンスを忘れずに!

トラブルなく快適に使用するためには、日常のメンテナンスが大切です。

  • ミシン油を差す(釜は1日1回。針棒は週1回くらい)
  • 釜を掃除する(1日1回~ボビンを交換するとき)+糸調子周りの埃を取る(ときどき)
  • 針を交換する(ときどき。何か変?と思った時。最近取り換えてないと思った時。大きな仕事の後。)

おすすめのお手入れグッズ!

刺繍工房エテ

よくご質問を受けるので、いつも使用しているグッズをご紹介しますね。

普通のミシンオイル。ベビー用の細い綿棒につけて使ってます

PRユーザーがみんな欲しがる!便利なスプレー式オイル

ブラシで取れない釜の埃をシューっと吹き飛ばしてくれます。
パソコンのキーボードの掃除にも使えます!

針板カバーを外すときに便利なミニドライバー

ミシン針は、ブラザー推奨 HA×130EBBR#11

こちらは10本入り。品揃えが良くて良心的なお店!

PRシリーズの純正使用針「HA×130EBBR」の特徴

  1. 自動糸通し機能…針穴が縦横少し大きくなっています。
  2. 針折れのリスクを軽減…飛散防止加工がされています。

ミシン針って、いつ交換するの?

PRユーザー

今まで一度も針を交換したことないです。

ミシンを買ってから1年以上経つけれど、一度も折れてないですよ?

刺繍工房エテ

折れてなくても、ときどき交換してください(^^)/

刺繍ミシンの針は、一度に何千~何万回も使用するので、針先の消耗が激しいです。

肉眼では分かりにくいけれど、いつのまにか曲がってることも多いんですよね。

きっちりと刺繡枠をセットして糸調子も問題ないのに何度も上糸が切れたり、何か様子がおかしいな?というときに、ミシン針を交換して直ることがあります!

PRユーザー

そういえば、よく切れてました💦

交換してみます!!

「点検」の合図が出てくるから安心!

業務用刺しゅうミシン「PRシリーズ」は、縫製時間が1500時間を越えると、液晶画面に「定期点検の時期になりました」というメッセージが表示されます。
そのまま使い続けることはできます

正規販売店に連絡をして、オーバーホール(ミシンを分解して点検や整備すること。メンテナンスグリスアップと呼ぶこともある。)をしてもらいましょう。

費用は、5~7万円位が相場のようです。

刺繍工房エテ

車の車検に似てますね。

ミシンを分解して、消耗した部品を交換したり、中の汚れを除去して注油するなどして、快適に長く使用できるよう整備してくれます。

ミシン販売店の選び方

安心できるミシン販売店の選び方は、こちらのページをご覧ください。

メーカーへ問い合わせてみよう!

業務用刺しゅうミシン(PR/VRシリーズ)に関するお問い合わせ窓口

よくあるご質問

サポート広場

使い方動画

メールでの問い合わせ


ブラザー刺繍プロにお悩みの方へ

当店は東京都多摩市でミシン刺繍の教室「ブラザー刺しゅうプロ教室」を行っています。

  • 刺しゅうプロの使い方が、よく分からない
  • 自動変換がうまくいかない
  • きれいに刺繍できない 等々…

パソコン初心者の方からビジネスユーザーの方まで、お越しいただいています!

この記事を書いた

  • 刺繍工房エテ 代表 小林玲子
  • ブラザー刺しゅうプロ教室 講師
          
  • 元法務職
  • サンリオライセンス、特許権、実用新案権、商標権、意匠権
  • 家族…夫、息子、娘
  • 好き…旅行、猫、犬、チェロ、KING GNU、ハーゲンダッツ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてくださいね
目次(クリックで移動します)
閉じる