PRのアクセサリーをご紹介!使ってわかる「PR専用スタンド」の存在意義

おすすめ!PR専用スタンド

PR購入を検討中の人

刺繍ミシンを置く台って、何でも良いですよね?

刺繍工房エテ

私も最初はよく分からなかったのですが、台選びはとても重要でした!

ブラザー業務用刺しゅうミシンPRをご購入の際は、専用スタンドへの設置をおすすめします!

ブラザーPR 専用スタンド

ここが良い!

  1. 頑丈な作りで、振動と音を軽減
  2. キャスターで移動が容易
  3. 針の下を広く使える!

この専用スタンドは、とても頑丈で重量感があり、刺繍ミシンの振動や音が軽減されます!

刺しゅうプロ教室では、キャスターの下に防振ゴムマット+防音マットも敷いています。

刺繍工房エテ

マンションの1室にブラザーPRを置いているので、苦情が来ないように気を付けています。

振動??

ミシンが動くんですか??

刺繍工房エテ

刺繍ミシンは、ものすごいスピードで針が動き振動します!

華奢なテーブルは、グラグラして危ないからダメですよ(^^♪

音も、以前と比べると静かになったそうですが、それでも賑やかです(笑)

PR1055Xの縫い速度(メーカーHPより)
最高 筒:1,000針/分(最低400針/分)帽子:600針/分(最低400針/分)

刺繍時の操作音(個人の感想)
同じ室内のTVの音が、聞きづらい又は聞き取れない
※刺繍データと回転数によって少し違います。

刺繍工房エテ

ただ、刺繍ミシンの性能が1000回転でも、うちではそんなに速く回すことはないです。

作っている刺繍が精密なデザインのものが多いですし、クオリティが大事ですから(^^♪

早く回れば良い訳ではないのですね!?

刺繍工房エテ

そうですね、データによっては糸が切れてしまうから、その分、時間と手間の無駄になってしまいます!

針の下を広く使える!?

そういえば、専用スタンドの上板に穴が開いてますね??

刺繍工房エテ

はい、ここが一番のおすすめポイントです!

靴やパーカー、大き目のバッグなどを刺繍するとき、針の下の空間が広い方が作業がしやすくなり、糸くず等が付きにくく、これまで刺繍できなかったものが可能になることがあります!!

普通の台×PR専用スタンド 比較

靴のタン

普通の台に載せたブラザーPRで、キャンバススニーカーのタン(靴紐の内側にある布地)に刺繍したとき、スニーカーのサイズは27cmが限界でした。

靴が台に当たってしまうので、台にビニールを乗せて滑らせながら刺繍しました。

もし、もっと靴底に厚みのあるデザインの靴だったら、その分、台に当たりやすくなるので、27cmは刺繍できないかもしれません。

この針の下の空間が狭いことで発生する問題が、専用スタンドに刺繍ミシンを載せることで解消されて、タンへの刺繍はサイズを気にせずできるようになります!

画面をクリックして動画を見てください♪

靴のタンに刺繍する方法

気になる価格

刺繍工房エテ

頑丈な作りだから仕方ないのかもしれませんが、結構、良いお値段です💦

本体を購入する際に一緒に注文して、安くしてもらうと良いと思います(^^♪

\ クリック /

この記事を書いた

  • 刺繍工房エテ 代表 小林玲子
  • ブラザー刺しゅうプロ教室 講師
          
  • 元法務職
  • サンリオライセンス、特許権、実用新案権、商標権、意匠権
  • 家族…夫、息子、娘
  • 好き…旅行、猫、犬、チェロ、KING GNU、ハーゲンダッツ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてくださいね